架空ストア

雑貨と本と演劇の委託販売を本当にやってる架空のお店

投げたボールは戻ってくる

990円(税込)

  • ログインして下さい

■内容紹介
待っていても来ない。
本当に存在しているのかもわからない。
誰もが私を騙そうとしているのだろうか。
新幹線は蜃気楼の街を通過していく――

わたりさえこが2009-2010年頃に発表した作品の再録集です。
100字の超掌編から、原稿用紙50枚程度の短編まで、計137編を収めています。

■書き下ろしと未公開短編
2015年3月に金沢まで開業した北陸新幹線を舞台とした、短編小説「投げたボールは戻ってくる」を書き下ろしました。
また、2010年に書かれ、これまで未公開となっていた短編小説「死体隠しにうってつけの朝」を初収録しました。

■“あとがきとしてのまえがき”(創作余談)
これまで、小説の発表に際して、"あとがきとしてのまえがき"=“あとまえ”と題した、いわゆる創作余談をブログに掲載してきました。
本書では、あとまえを小説本文の前に掲載しました。
本文より先に読んでも後に読んでも、また読み飛ばしていただいても構いません。
なお、一部のあとまえは書き下ろしです。

■収録作
・一九九八年のキャッチボール
・二つの穴が
・竜頭
・〈掌編群I〉 時間を勉強した男
・街の地図
・探偵小説
・投げたボールは戻ってくる
・〈掌編群II〉 無修正アンビバレンス
・喇叭
・夏の緑
・一羽の鳥が飛行機から飛び降りる
・〈掌編群III〉 エクストラ
・犬六夜
・くたばれクリスマス
・死体隠しにうってつけの朝
・やうやうしろく
・〈掌編群IV〉 高速移動破壊
・かたらずの歌
・カレー一〇七

詳細情報

著者
わたりさえこ
表紙イラスト
内容
短編・掌編小説137編
発行日
2015-04-19
判型
文庫(A6)判
ページ数
304
納期目安
ご入金確認後1営業日以内に発送
配送方法
購入数制限
なし
残り在庫
9冊
初回発売日 2015.04.19
最終納品日 2019.10.20

990円(税込)

  • ログインして下さい

作家

わたりさえこ

わたりさえこ

わたりさえこ / ナタリーの家(創作文芸サークル)

No.422


SNSでシェア!

ツイート シェア
0

変更やお会計はこちら!