すな子へ

すな子へ

660円(税込)

  • ログインして下さい

毒薬蒐集家と共に堕ちる激しい恋と、珈琲人形

知らぬ間に街を侵食してゆく「珈琲人形」と物書きの「私」と、
紅茶屋の娘「すな子」の失踪に織りなされる前篇。

贋作春画師の男と同棲を始めた「すな子」の恋の激しい顛末を描く後篇。

時代は抄果十三年。開国東京に置き去りにされてしまったこの街で、
すな子を愛する。すな子をおもちゃにして遊ぶ。自己嫌悪でまたすな子を抱く。
どうせ人形なのだから。
著者はこの本に詩を書き込むことで、すな子をなぶり続ける。
──どうせ人形なのだから。

平易な文章の裏側に隠された激し過ぎる恋を、小説と詩と写真を交ぜて物語る一冊。

 〝すな子は生涯を賭してでも、愛のある場所を知りたかったのだろう。
  須藤は真実の生き方の為には死にたくてどうしようもなかったのだろう。
  ふたつの孤独。〟

A6判、166頁。

サイズ
A6判
カヴァ
カヴァ有り
頁数
166頁(巻頭2頁カラー)
初版
納期目安
ご入金確認後1営業日以内に発送
配送方法
購入数制限
なし
残り在庫
2冊
初回発売日 2022.12.03
最終納品日 2022.10.31

白昼社Φ文庫

白昼社Φ文庫

白昼社ファイ文庫。
極小レーベル白昼社から発行している、文庫本のシリーズです。
小説と詩歌がメインになっています。

すな子へ

660円(税込)

  • ログインして下さい

作家

泉由良

泉由良

いずみゆら / 白昼社

No.158


SNSでシェア!

ツイート シェア