泡野瑤子

泡野瑤子

あわのようこ

Our York Bar

思いついた話を〆切までに粛々と書きます。運命が登場人物に優しくない歴史モノ風のファンタジーや、ユーモラスだけどときどきせつない現代モノが多いです。「フィナンシェヤクザとシネマ芋先輩」名義で雲形ひじきさんと一緒に情報系同人誌を作ることもあります。

架空ストアさんでの頒布がはじまりました

2022.09.18

ここをご覧くださってありがとうございます。
泡野瑤子と申します。
異世界ファンタジーだったり現代モノだったり、思いついた小説を書きます。
異世界ファンタジーはシビアな展開になりがちで、現代モノはゆるいものが多いですが、どっちにしてもなぜかひとがしぬことが多い作風です……。
東京に住んでいるので、即売会イベントは文学フリマ東京やコミティアなどに現れがちです。

こちらでは、異世界ファンタジー長編と9月につくった新刊『十一月とともに過ぎゆく』をお預けしております。
また、今後新刊を発行した際にもお預けしたいと考えております。
お気にかけていただけたらさいわいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このニュースの画像一覧(クリックで拡大)

SNSでシェア!

ツイート シェア