僕たちだけが知っている

僕たちだけが知っている

900円(税込)

  • ログインして下さい

村のおばけ神社で出会ったのは、犬にも似た不思議ないきものだった

小学五年生の高橋純平は、夏休みを翌日に控えた終業式の日に村で有名な「おばけ神社」に行こうと誘われる。こわごわ同級生たちと連れて行かれたそこで出会ったのは、犬にも似た一匹の不思議ないきものだった。祭りの日まで育てるよう言われた彼らは、その生き物の世話を始めたのだった。子供たちの持つそれぞれの葛藤やさみしさ、ほんの少しの成長を描くひと夏の物語。
広島にある架空の村が舞台。お盆の風景が描かれます。広島弁ネイティブの作者が描く、広島弁小説です。

サイズ
B6 一段組
ページ
本文170
加工
和紙PP
納期目安
ご入金確認後1営業日以内に発送
配送方法
購入数制限
なし
残り在庫
2冊
初回発売日 2022.10.09
最終納品日 2022.10.08

僕たちだけが知っている

900円(税込)

  • ログインして下さい

作家

久慈川栞

久慈川栞

くじがわしおり / かめねこ書房

No.886


SNSでシェア!

ツイート シェア