笛が鳴ったらたすけて

300円(税込)

  • ログインして下さい

■あらすじ
母の再婚の結婚式の帰り、父は娘三人を郊外のファミレスに置き去りにする。
服だけは豪華で、財布の中身は1000円未満。
三人姉妹は、ファミレスで行き詰まっていく

■なりたち
2005年に、カンフェティでお馴染みのロングラン・プランニングさんが主催した短編持ち寄りイベントのために書き下ろした作品です。
会場はカフェでしたが、舞台は郊外のファミレスです。
ファミレスで深夜に上演とかされたら、すごく素敵だと思います。

詳細情報

総ページ数
29P
上演時間
10~30分
役者人数
3人
上演許可
応相談
初回発売日 2012.05.25

上演記録

「笛が鳴ったら助けて」
2005/1/16(sun)

作・演出 米内山陽子

出演
菊池美里
山岡未絵
米内山陽子

音楽 尚人

上演時間 20分

この作品はロングランプランニング主催「THEATER SUNRISE vol.3」@渋谷gabowlにて上演されました。

電子書籍の注意事項

  1. 提供可能な電子書籍のフォーマットはPDF/Epub2/Epub3/Kindle(.mobi)です。詳しくはこちらをご覧ください。
  2. 電子書籍ご購入時のお支払いは「先払い」のみとなります。
  3. ご入金の確認後、電子書籍がダウンロードできるURLを発行し、メールでお知らせします。このURLは発行から2週間有効で、5回までダウンロードが可能です。
  4. ダウンロードした電子書籍のファイルには、ささやかな不正コピー防止策として、最終ページに購入者の名前と電話番号が記載されます。
  5. ご注文のキャンセルおよび返金は、ダウンロードをする前に限らせていただきます。
  6. 作者および当店の都合により、電子書籍の内容に変更が加えられた場合、および、新しいフォーマットへの対応が始まった場合、すでにご購入いただいているお客様には、アップデートURL(最新の内容の電子書籍がダウンロードできるURL)を発行し、メールでお知らせいたします。ただし、アップデートURLの発行は1か月に1回までとし、頻繁に変更が行われた場合には、当店が適当と判断するタイミングで1か月に1回だけお知らせいたします。また、ご購入日から180日が経過している場合は、対象外とさせていただきます。

300円(税込)

  • ログインして下さい
試し読みができます

作家

米内山陽子

米内山陽子

よないやまようこ / チタキヨ

No.132


SNSでシェア!

ツイート シェア