彼らは唯の夢

彼らは唯の夢

500円(税込)

  • ログインして下さい

【忘れがたい風景たちへ。】
【幻想掌編集 / 文庫判 / オンデマンドフルカラー表紙 / 54P】

彼らは唯の夢だから、本当は何も語らない。
彼らは唯の夢であり、物語でも何でもない。
彼らは唯の夢だけど——

====================================

本書は、著者の夢日記を元に創作された幻想掌編集です。

Twitterへ投稿した140字の夢日記から、当時見た夢を思い出し、ときには改変し、修飾して、忘れてしまった箇所は空想で繋ぎあわせながら、六つの掌編を書き起こしました。
いずれも厳密には夢そのものではなく、物語としては筋書きが曖昧で、詩と呼ぶには少々長すぎる。
おそらく最も近い言葉は「風景」なのだろうと思います。

<収録作品>
・砂漠と旅の話を
・春の光を塗り替える
・環世界の岸辺で二人
・聴衆は生きている
・だから自由のはずなのに
・だから自由にどこまでも

====================================

何故そんなことを気にしたのか、夢の中のわたしは知らない。
分からない。気づきもしない。口元を見せて笑いあう、お客たちの誰に聞いても答えは返ってこないだろう。これは唯の夢、現実から遠く離れ、——すべてが自由であるはずの国。

納期目安
ご入金確認後1営業日以内に発送
配送方法
購入数制限
なし
残り在庫
2個
初回発売日 2022.06.13
最終納品日 2022.06.12

彼らは唯の夢

500円(税込)

  • ログインして下さい

作家

風野湊

風野湊

かざのみなと / 呼吸書房

No.510


SNSでシェア!

ツイート シェア